オフィスワークで上手に気分転換するコツ

オフィスワークを続けることで健康害するという統計データがある。適度な運動をはさみながら、健康に働きたい。

健康に関するオフィスワークの注意点

PAGETITLE
アメリカのある研究機関の統計データで、1日6時間以上座りつづける仕事につく人の健康を害する割合がそうでない人に比べて高い、というものがありました。体を動かさずにずっと同じ姿勢でいることは、あまり体にはよくないようです。私もオフィスワークが基本でほぼ1日中椅子に座りっぱなしの仕事をやっていますので、このデータは他人ごとではありません。外回りよりも体力的には楽ですが、長い目で見れば外で体を動かす方が健康的なのでしょう。

わりとフリーな職場ですので、オフィス内を見てみると、たとえばバランスボールを椅子代わりにするなど、体によいことをしようという工夫が見られます。おそらくオフィスで一緒に働く同僚の多くが健康を意識しているのだと思います。体を動かさずにパソコンとにらめっこをしていることに対して、あまり健全と考えてはいないのでしょう。もちろん私もその一人で、何かしら体を動かすことを考えています。

いざスリッパで働いてみると、不思議に思うくらい足に疲れがたまらなくなりました。きっと靴の締め付けが体にとって負担になるのでしょう。考えてみれば皮靴は見た目のスタイリッシュさはともかく、構造的に合理的な靴ではないと思います。歩きやすさや過ごしやすさでいえば、たとえばスニーカーの方が優れていますし、個人的な見解でいえば、そういった意味で皮靴は形式的なものなのだと思います。外回りならいざ知らず、私のようにオフィスワークをするのであれば、動きやすさを優先した方がいいのかもしれませんね。この快適さを知ると、もう皮靴で仕事をしようとは思わなくなります。

オススメのサイト